×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バレンシアガとはどんなブランド?

 バレンシアガ(Balanciaga)は、伝説のファッションブランドです。1895年、スペインに生まれたクリストバル・バレンシアガは、貴族御用達の仕立て屋として若い頃から才能を発揮していました。カサ・トレス公爵夫人の着るフランス製の服のリメークをなどを行なっていたバレンシアガは、1919年に同公爵の援助の下に、パリのオートクチュール界に参加しました。スペイン内乱を経て、スペインからフランスに移住し、活動の本拠をパリに移したバレンシアガは、本格的なデザイナーの活動を始めました。ベラスケスからゴヤに至るスペイン絵画の影響を強く受けたバレンシアガは、それらの情熱をモダンに洗練し、一挙に一流デザイナーにランクされました。「バレンシアガのモードに影響を受けないデザイナーはいない」と言われ、バレンシアガのメゾンからはジバンシー、クレージュ、ウンガロが輩出されています。1968年にクリストバル・バレンシアガが引退するまでクリストバル・バレンシアガは、「デザイナーの王様」であり続けました。

バレンシアガのファッションとは?

 クリストバル・バレンシアガのファッションのデザインは、オートクチュールの建築家と呼ばれるほど立体的な裁断とシンプルなフォルムに特徴があり、これらはクリストバル・バレンシアガの確かな縫製技術に根ざしたものと言えます。そんなクリストバル・バレンシアガの事をシャネルは、「自分でデザインし、パターンをおこし、縫製し、すべてをこなす事の出来るただ一人のクチュリエ」と称し、セシル・ビートンはバレンシアガを「クチュール界のピカソ」と呼びました。クリストバル・バレンシアガは、エドワード・モリヌーの影響を受けています。しかし、時代がまさにポストモダンの時代であり、アールヌーボーからアールデコへの過渡期の時代であった事がクリストバル・バレンシアガのデザインに多大な影響を与えた事は、当然の帰結と言えます。現在のバレンシアガはフランス人のニコラ・ゲスキエールが主任デザイナーであり、バレンシアガ自体もグッチグループの傘下に入っています。しかし、バレンシアガのファッションにおいても、デザイナーが変わっても、メゾンの伝統は変わる事無く受け継がれ、次元の違うファッションを提供しています。

クリストバル・バレンシアガはすごい人

 クリストバル・バレンシアガの経歴は現在のデザイナーなどとはまったく異なっています。それは当時のファッションが特定の特権階級のものであったことを考慮すれば、なんら不思議ではありません。クリストバル・バレンシアガはオートクチュール(高級仕立て服)からプレタポルテ(既製服)へとパリのファッション業界が移行する時代にあったエポックメーカー的な存在で、「女性は完全である必要はなく、また私のドレスを着用するためには美しくある必要はない。私のドレスが女性を美しくする」と述べていたように、クリストバル・バレンシアガは自分の作る服に絶対的な自信を持っていました。事実クリストバル・バレンシアガのファッションは、プレタポルテと言うものの、オートクチュールの香を持つ、超高品位な作品ばかりでした。クリストバル・バレンシアガの助手には、クリスチャン・ディオールがいましたが、クリストバル・バレンシアガの影響を受けたデザイナーは、クリスチャン・ディオールに止まらず、アドルフォ・サルディーニャ、ユベール・ド・ジバンシー、アンドレ・クレージュ、エマニュエル・ウンガロなど次世代を担うことになるデザイナー全てに及びます。

Copyright © 2008 バレンシアガのブランドについて知りましょう。